BMW E30 Life  サンマル日記

BMW E30のレストア&メンテナンス日記です。

BMW E30  ボンネットの開き方の魅力

アリゲーターボンネット。

 

 

運転席の前、バルクヘッド部分を起点にして、

前から後ろに開くボンネットを

ワニの口に例えてアリゲータタイプ、

またはチルトボンネットと呼んでいます。

反対に、後ろから前に開くタイプは、

逆アリゲータタイプです。

 

f:id:yoshiakisan10:20190505075917j:plain

 

E30は この逆アリゲータータイプですね。

 

逆アリゲータタイプのメリットは、

ボンネットのロック機構(ボンネットキャッチ)が、

運転席側にあることです。

前側はヒンジでボディと連結されているため、

ボンネットキャッチが外れても

走行中にボンネットが開くことがありません

 

f:id:yoshiakisan10:20190505075945j:plain

 

ただし、ボンネットヒンジが

フロントグリルの裏側にあるため、

エンジンルームの作業は左右どちらかの

フェンダー側から行うことになり、

整備性はアリゲータタイプより劣ります。

 

 

それでも逆アリゲータタイプを採用する車両は、

ボンネットの構造やフロントまわりのデザインにまで

気を配り、スタイリングやたたずまいに

こだわりを持ったクルマなのです。

 

 

いまどきのクルマで逆アリゲータータイプて

あんまり聞かないですよね。

 

f:id:yoshiakisan10:20190505080016j:plain

 

 

こうやって決して整備性の良くない

アリゲーターボンネットを開きながら

エンジンルームをメンテナンスするのも

E30の楽しみの一つですね。